朝、ちょっと勉強するがすぐに飽きて学校へ。ソフトの準備など。午後になり農大の人たちが来て一緒に練習。の予定がグラウンドで学務の人たちが試合をしていて、その間体育館で遊ぶことに。バスケやバレー。みんなパワフリャ。その後ソフトの練習試合をして、一応図情の勝ち。一応、というところがミソ。


 夜、そのままRanRanへ。小盛りも完食できなかった。とんかつがキビシかった。ああ、勉強しないと。と思ってその後は勉強をするが、いまいち頭に入らない。不安と緊張が頭を駆け巡り邪魔をする。その後、発注に行くが、ほかの人がやっていて、待たされた。その間、もっと落ち着かなくなってきた。こんなに落ち着かないのは初めてだ。入試でも、インカレでもこんなにはならなかった。やはりここまで準備不足で臨むことが原因だと思われる。


 そして、待ち時間がまだあるので、意識を奥深くに沈めてみた。イメージのトレーニングである。意識の奥深くに進んでいく、落ちていく。そんなイメージをずっとずっと続けた。ここが沈む限界という地点まで3回ほど落ちていった。かなり集中力を使った。おかげでちょっとは緊張がおさまったのか、頭に鳴り響いていた音楽のボリュームが下がった。でもまだイライラは残っていた。店からの帰りは自転車で猛ダッシュ。でもイマイチ。ホント、どこか駆け出したかった。


 ふと、思った。このまま僕が壊れたら、誰か看てくれるのだろうか?休ませてくれるのだろうか?癒してくれるのだろうか?そのヒザで眠らせてくれる人はいるのだろうか?・・・こんな状態の僕を救ってくれる、安心させてくれる女性は誰なんだろう?あのひと?それも違う気がする。でも、だれ?・・・こんな状態も明日になれば終わるだろう。