授業の始まり。
まぁ、いつものことで、毎度毎度思うのだが、
205教室は暑い・・・。暑い・・・いや、苦しい・・・。
この部屋は窓が片側にしか着いておらず、風通しが悪い!悪すぎる!
そんな教室に100人以上の人間どもが座りきれないほどに座っている。
みんなの熱気がむんむぅんむんむんむんむんむんむんむんむんむぅんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむぅんむんむんむんむんむぅんむんむんむんむんむんむんむんむんむぅんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむんむん
だから、そんな場所に2時間もいられるわけはないさ!
5限の公共図書館論(薬袋ヒデキせんせー)の授業はテストかと思いきや、
学長選挙の為の教授会とかで、中断したので、逃げ出したら、出席とりやがった。
やるかな?とおもったらやりやがった・・・。
そういえば図情の学長選挙は学内の教授から選ぶのではなく、学外の著名人から
選び、依頼するそうな。
つまり、OブチだろうがTカクラけんさんだろうがSノハラトモエだろうが、
相手が承諾してくれれば(コチラが選べば)学長になるのだという。
はぁ、所さんとかが学長やらんかね?