Androidのマルチウィンドウ機能をメモっぽく使うと便利だった

f:id:c-miya:20180502174251j:plain Androidの機能の1つに「画面を分割して上下(左右)で違うアプリの画面を表示する」というのがあるのですが、これまでとは違う使い方をしてちょっと便利でした。

画面片側をメモとして

上記は先日メインサイトで書いた記事です。この記事で使うために、手持ちのスマホ21台でスクリーンショットを撮りました。ただそのまま撮影すると、どのスクリーンショット画像がどの端末のものかわからなくなってしまいます。

そこでメモ代わりにマルチウィンドウ機能を使って、APN設定の画面を表示することにしました。

f:id:c-miya:20180502174625j:plain:h400

これなら必要なChromeの画面と、それを撮った端末の使っているSIMを両方1つの画像に収められます。

もちろん、画面上にメモを貼るアプリとかも探せばあるのですが、ごく気軽に片方の画面をメモとして使えるのは便利です。今回はAPN情報の画面ですが、何かテキスト入力できる画面のアプリならば、自分の好きなテキストをメモとして残せます。

マルチウィンドウ機能はAndroid 7.0から(?)使えるのですが、普通はゲームやりながら攻略サイト見るだとか、両方を利用する目的で使う機能です。こんな、1つの画像に印を付けるような使い方があるとは、盲点でした。